こだわりつくす!結婚指輪を選ぶ時はここに注目!

種類いろいろ、リングの材質

結婚指輪は一生使い続けるものですので、飽きのこないデザインを選びたいですよね。ここでは結婚指輪を購入する時に、注目したいポイントを3つほど、ご紹介したいと思います。まずはリングの材質ですが、一般的にはプラチナが多く、次にゴールド、シルバーといった順で人気です。1番人気のプラチナは熱に強く、変色やサビも少ない材質ですので、大切に使えば何十年もその輝きを保つことができます。永遠の愛を誓う結婚指輪にはまさに最適な素材ですよね。

印象を決める指輪の形、アームを選びましょう

実際に指を通す輪の部分をアームと言いますが、このアームの形も様々あり、指輪の印象を決める重要な部分です。まずはストレートと呼ばれる真っ直ぐな形ですが、太めの指の方はリングの厚みを出すなど、指の太さによって決めると良いでしょう。ストレートタイプは重ねづけしやすいので、他の指輪と一緒に楽しむのもいいですよね。他にはS字といった緩やかなウェーブをしているものは、指元がエレガントに見えますし、V字と呼ばれる手の甲にかけて先が細くなっているものは、指が長く見えるなど、形によって様々なメリットがありますので、ぜひ自分の指にあった形を見つけてみてくださいね。

ダイヤをつけるタイプを選びたい方へ

結婚指輪にダイヤをつけたい方は、そのつけ方にも色々な種類がある事を知っておいた方がいいでしょう。たて爪と呼ばれる一粒石を爪で持ち上げたタイプはダイヤに四方から光が入るので、ダイヤの輝きが際立ちます。アームの中にダイヤを埋め込むタイプは洋服などにダイヤが引っかかりにくく、日常生活で使いやすくなるというメリットがありますので、常に指輪をつけていたい方にお勧めですよ。またエタニティとよばれる小さなダイヤをアームに何個も埋め込むタイプは、デザインがダイヤで途切れませんので、永遠の愛を象徴する指輪と言われています。ダイヤをつけると、指輪の印象もグッと豪華になりますが、選びきれない方は、『コレだ!』と思ったものを直感で決めるのもいいかもしれませんよ。一生付き合う物ですので、ぜひ後悔のない良い物を選んでくださいね。

マリッジリングを贈る場合にはオリジナルのものをオーダメイドして作れば、相手にも喜んで貰うことが出来て良いでしょう。