男性の無知が原因!?婚約指輪が何かと縁遠い理由

そもそも婚約指輪を知らない男性

指輪交換は結婚式における主要なイベントとしてイメージが強いため、結婚指輪に対しては世間一般の理解は深いと言えます。しかし婚約指輪については実際にもらったという人は意外に多くなく、結婚指輪と比較してやや縁遠い存在と言えます。そもそも男性の中には、婚約指輪を正しく理解していない人が多くいます。「結婚してくださいっ」とプロポーズして渡した指輪を、結婚式の時に交換しあうと勘違いしている人が意外に多いのです。

過去のイメージで勝手にハードルを高くしている

婚約指輪の存在を知っている男性の中にも、その実態を正しく把握している人は多くないのが実状です。婚約指輪のイメージを聞いてみると、多くの男性が「給料の3か月分」と返答します。このイメージから換算すると婚約指輪は最低でも50万円近くはするということになり、「とてもそんな金額出せないよ!」ということになってしまいます。しかし、そもそも「給料の3か月分」はバブル期の婚約指輪のイメージですので、全く現状とは合っていないのです。現在の婚約指輪の平均相場は、20~30万円とも言われています。それでも決して安くはありませんが、少なくとも生活の全てをなげうたなければ手に入らないというほどのものでもありません。

サプライズに拘り過ぎて、結果満足感を得られない

「婚約指輪はサプライズで渡さないといけない」という先入観も、婚約指輪を迂遠で縁遠くしているものの一つです。確かにサプライズを好む女性もいますが、一方で多くの女性が好みに合わない物を勝手に作って一方的に渡されることに戸惑いを感じてしまいます。それならばプロポーズをした後に、二人で相談して婚約指輪を作成した方が確実に満足感が得られます。事実、昨今では二人でジュエリーショップなどに出向いて、婚約指輪を購入するカップルが増えているそうです。

婚約指輪とは、プロポーズするときに女性に贈られる指輪のことを指します。プラチナのリングとダイヤモンドで作られています。