結婚式もしきたりを気にしない時代になりました

身内だけ、こじんまり結婚式にしよう

結婚式というと芸能人のように1流ホテルで1流シェフやパテイシエがつくった食事を食べ、豪華な引き出物をもらうといったイメージが色濃くありますが、最近では身内だけでこじんまりと式をあげ、親しい友人などとは食事会をするといった質素なものが多くなっています。仏前や神前であれば費用もかからずに済みますし、親しい人たちだけが集まって心からお祝いをしてもらうことができます。質素であっても格式がありますから、厳かな雰囲気の中で結婚式を挙げることができます。

結婚式はやめちゃおうも珍しくないのです

結婚式はもともと親族の顔合わせといった意味合いが強いものですから、核家族化が進んだ現在ではとりたてて式を挙げることがなくても、問題がない場合もあります。両家の顔合わせとして食事会でも設ければ十分ですし、親族同士が親しく付き合いをするというのも住所が近くなければ難しくなりますから、ほとんど顔を合わせる機会もないはずです。結婚式の費用を他のことに使いたいという合理的な考えももっともですし、結婚してふたりでやっていくという覚悟があれば本来十分なはずだからです。

ハウスウエデイングも手軽で便利です

披露宴もホテルを借りるといろいろ費用がかさみますから、戸建のハウスウエデイングにするのもおすすめです。場所だけ借りてシェフを呼んで好みの料理をふるまったり、好きなアルコールだけを安売り店から買い込んで立食パーテイやセルフサービスをメインにすることもできます。親しい友人が中心だからこそ、イベントも思い切りできますし、手作り感あふれるアットホームな式も可能になります。ウエデイングプランナーも起業して専門にしている個人で趣味の似ている人を依頼してアドバイスをしてもらえば、満足できる結婚式になるはずです。

鎌倉の、鶴岡八幡宮で結婚式を挙げることができます。挙式後に会食や披露宴もできます。フォトウエディングプランもあります。